レッスン後のお菓子はいりません!

私もたくさんのおうち教室やおうちサロンへ足を運びました。多くのサロンやお教室で共通するのがレッスン後のお菓子やお茶。お客様へのおもてなしの気持ちできっと出してくれていることでしょう。でも実はそのお菓子はいりませんよ^^

かつては私もお客様にお菓子をお出ししていました。ケーキのようなものではなく、もうすこしライトなクッキーや一口サイズで食べれるチョコレートなどです。私としてはお客様に喜んでもらいたい一心でのサービスでした。

 

お客様の本当の目的は

お客様がご来店された目的は?お菓子を食べるために来たわけではありません。

お客様に本来の目的であるサービスをきちんと提供できていれば過剰なサービスはいりません!お菓子やお茶はお客様との潤滑油のようにコミュニケーションを円滑にすすめるもののように感じますが、ある程度の緊張感や距離感は大切。そのサービスは本当に必要か今一度見直してみましょう。


「あのお店は最後にお菓子がでてゆっくりできるから好きなんだよね」ではなく、

「あのお店のエステは本当に効果があるからやみつきになるんだよね」と本来の目的でお客様を満足させることができれば過剰なサービスはいらないのです。


業種によってはウェルカムティーやレッスン後のティータイム、クロージングの際のお茶など必要に応じて行った方がよいサービスもあります。

 

過剰なサービスはお客様を満足させない

特におうちサロンやおうち教室で多いのが過剰なサービス。お客様に喜んでもらいたい一心で、あれもこれも・・・やってあげたい。その気持ちもよくわかります。でも過剰なサービスはお客様にわくわく感を与えません。まさにお腹一杯のような状態になってしまうのです。

またお菓子のようなものを提供したティータイムはだらだらと時間が過ぎ、なかなかレッスンを終えられなかったり、お客様に帰っていただくことが難しくなることも。限られた時間での活動、しっかりとクロージングしメリハリをつけた時間管理を心掛けたいものですね。

Follow me!