お試し期間を決めよう

 

活動初期にやりがちな失敗

それは「料金設定」。

 

 

活動が長くなれば

技術が向上すれば

お客様が増えてくれば

必ずもう少し値段を上げたい

そんな日が割と早く来ます。

 

 

でも値上げというのはお客様には

あまり良いイメージにはなりません。

 

 

特に活動初期は

みなさん値段設定を低くしがち。

 

 

そんなときにおすすめなのは

活動初期は

『お試し期間』を作るということ。

 

 

正規料金はこれだけど

今はお教室をはじめたばかりなので

この料金です。

 

 

というような感じで

他の同業者や地域でやっているお教室なども

参考にしながら

適正な価格をまずは設定してみましょう。

 

 

技術や知識が伴わない中

正規料金をいただくことに抵抗もあると思いますし

お客様にとってもお試しでまずは試せるという

メリットもあります。

 

 

それに活動初期は

なんといっても「実績」をつくりたいもの。

 

 

しっかりと実績を作ることによって

次のステップにも行きやすくなります

 

 

まずは最初から低価格を売りにせず

正規料金を設定したうえで

お試し期間を設けてみるのもおすすめです。

 

 

Follow me!