2020年度から青色申告控除の額が変わります!

2020年度から変わるものの一つが「青色申告控除額」です。令和元年までは青色申告だと10万円、65万円の控除を受けることが出来ましたが、2020年度からは10万円、55万円が基本となり、一定基準を満たした人のみ65万円が控除される形に変更します。

65万円の控除を受けることができるようにどのような準備をしたらよいか確認していきましょう。

 

青色申告への切り替えはいつでもできない

普通に開業届を出しただけでは青色申告の特典を受けることはできません。管轄の税務署に「青色申告承認申請書」を提出することで有利な取り扱いを受けることができます。

青色申告承認申請書はいつでも受け付けてくれる書類ではなく、1)その年の3月15日までに管轄の税務署に提出、もしくは2)業務を開始した日から2カ月以内に提出のいずれかではないと申請することができませんので注意が必要です。開業届を出すタイミングになったら一緒に提出しておくと提出忘れなどもないので、青色申告をしたいと思っている方は一緒に提出がおすすめです。

 

そもそも青色申告って何?

1年間に生じた所得を正しく計算し納める税金を計算する「確定申告」があります。そのために日々収入や経費などの記録を記帳したり関連する書類を保管したりしていますが、国税庁が定める一定基準の記帳や書類の保管を行う人に対して青色申告控除という形で、事業所得から青色申告控除という形で控除を受けることができる制度です。

簡単に言えば、決められた方法で正しく申告すれば税金が安くなる!そんな制度です。

 

最高65万円の控除を受けるには

青色申告控除は申請方法により10万円、55万円、65万円と3つの控除額の違いがあります。最高65万円の控除を受けようとする場合には e-Tax を使って青色申告を行う必要があります。 e-Tax とは自宅などのパソコンをつかってネット上で税金の申告・申請・届出等が行える国税庁のシステムの事で、現在では多くのママ達も使っているシステムです。

以前は e-Tax を使用したいと思った時に税務署にe-Tax開始の届出を提出する必要がありましたが、現在では①マイナンバー方式と②ID・パスワード方式を選択することができ、マイナンバー方式を使って申告する人は税務署へ e-Tax 開始の届出をする必要がなくなりました。

ただしマイナンバー方式で申告を考えている方は、ご自宅などにネット環境があることが前提なのと、マイナンバーカードの取得やICカードリーダーなどの準備も事前に必要なので前もって準備をする必要がありそうですね。

 

まとめ

はじめての申告などはわからないことがたくさんありめんどくさく感じてしまうかもしれません。しかしながら、お客様が増えてきたり、イベントに参加する回数なども多くなって収入が増えてきたら「お金」のこと「申告」のことをきちんと決まりしたがって手続きしなければなりません。
いずれと思っていてもその時はすぐかもしれません。前もって準備したり知識を身に着けて安心して活動していきたいですね。

 

参考:
国税庁 青色申告制度 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2070.htm
国税庁 所得税の青色申告承認申請手続 https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

Follow me!