活動を守る「商標登録」★を申請してみました

先日はじめて とある名称で「商標登録」を特許庁へ申請してきました。今までも何回か商標登録しようと思ったこともありましたが、実際に手続きをしたのは初めてです。なんの名称で申請したかはまだ内緒です。

埼玉を拠点に、『ママでも好きをカタチに!』長く続ける仕事にシフトするPlusMEコミュニティを主宰している いちくらいくえです。

 

そもそも商標登録とは?

よく名前の後ろに®がついていることがありますが、それこそ商標登録の印「Registered Trademark」を省略した記号です。商標(サービスに使用しているロゴやネーミング)を商標登録という形で登録しておくと、他の人におなじものを使わないでください!といえる権利のことです。

 

きっとあなたが使っている人気のメーカーや施設、よく見かけるブランドのロゴなどにも🄬マークがついているのを見たことはないですか。実はすべて商標登録で守られているんです。

 

登録で大切な区分の選び方

商標登録は「マーク」もしくは「文字」どちらかで登録が可能です。

さらに登録時には区分と呼ばれる1~45種類あるもののどれにそのサービスが該当するかを決めて登録します。区分は複数登録することが可能ですが、1区分ごとに料金がかかってしまうため、複数の区分での登録の場合はそれなりに費用も大きくなるわけです。

初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~

 

それでもしっかり自分の対象となる区分に商標をかけておかないと、その区分の商標の権利を他社に権利が与えられてしまうという可能性もありますので、必要な区分をしっかり押さえることが大切です。

 

手続きをしたいと思ったら

まずは自分が使いたいと思っている商標がすでに使われているモノか検索で確認します。特許庁のHPですぐに検索をすることができますよ。

特許庁HP 商標を検索してみましょう

 

今回手続きをするうえで弁理士に依頼をしました。弁護士、行政書士、司法書士などいわゆる士業といわれる方は様々いますが、商標登録は「弁理士」が手続きを代行してくれます。

 

費用をかけたくないという方はご自身で手続きをすることもできますが、素人に書類作成などはとても難しいし、面倒だとおもうので、やはりプロの方に頼むのがおすすめです。謝礼はピンキリですが3万円~10万円くらいが相場です。

 

ただ今回私が申請を通して、丸投げ状態だと正直良くないとも思っていて、申請前に少しでも商標登録についての知見は高めておくべきと思いました。特にママ起業のような特殊なお仕事の場合、一般の方には業種内容が理解できないこともあるため、相談の際にはより具体的に事業内容を説明する必要がありそうです。

 

商標登録をしたい、とおもったらまずは相談・必要であれば弁理士さんのご紹介などもできますのでお気軽にどうぞ!

Follow me!