キャッシュレスは取り入れるべき?

 

今、国でもキャッシュレスを加速する動きがあります。それに伴い各社がキャッシュレスの取り組みを本格化スタート。いろいろなペイや制度があるけど結局はどれがいいの!?そんな状態にありつつあります。

 

 

基本的にはお客様が一番便利なものを!

 

まず最初に考えなければいけないのは、あなたの抱えてるお客様がどの決裁方法を一番便利と感じるかということ。

 

クレジット決済でポイントをためている方や、高額な買い物はカードを使いたい方なども多いのでそういった面ではお客様の購買意欲を高める効果も期待できます。

ただ決済時に手数料や入金手数料なども掛かる場合がありますので、販売価格からそういった経費が差し引かれることを考慮しなければなりません。

 

キャッシュレスの種類にはクレジットカード、○○ペイ、交通系電子カードなどがありますね。あなたの客層で一番利用してくれそうな決済方法を導入することが大切です。

 

ちなみに私はクレジットカードとLINEペイ、交通系電子マネーを取り扱いしています。

 

 

 

○○ペイを利用するには開業届は必要?

 

 まだまだ扶養範囲内の活動だし、まだ売り上げも上がらないし開業届をだしていません。そんな方も多いのでは。

 

基本的に開業届は出す場合が多いです。

 

ただ例外の会社もあります。審査方法は会社によりことなりますので、まずはパソコンやスマホからアクセスし申請を途中までやってみてください。もし開業届の提出が義務の場合などは申請途中の必要書類でわかります。

 

 

 

キャッシュレスを利用すると何がお得?

 

一番はお客様のお支払いがしやすくなります。

カードを使い慣れている方や、キャッシュレスの特典などでポイントをためている方なども最近は多いのでキャッシュレスだど迷わずにお買い物などされる方もいるようです。

 

また、お教室の代金をカードや○○ペイでお支払いいただくと、こちらもお金の管理がとても楽になりますね。現金だと領収書をきったり入金の手間もありますから慣れてしまえばお互いとても利便性がよさそうです。

 

 

(参考)

■Paypay(ペイペイ)

https://paypay.ne.jp/

 QRコードでかんたん決済。CMなども大々的にやっていたり還元キャンペーンなどでユーザーもかなり増えている。

 

■エアペイ

https://airregi.jp/payment/

リクルートがやっているペイ。キャンペーンなどでipadや決済端末も0円でもらえる。エアペイの登録ができればクレジットカード、交通系電子マネー、ペイペイなど主要な決済すべてが使えるのも便利。

 

■Coiny(コイニー)

https://coiney.com/

 エアペイに似ている。クレジットカードはもちろん交通系電子マネーも使える。また便利機能としてメールなどでURLにて決裁を送ることができるので私はこちらも使用しています。

 

■LINEペイ

https://pay.line.me/portal/jp/main

個人でも非常に多くの人が使用している。もっともとゲームやスタンプ購入などでLINEペイのアカウントを持っている人も多く一般ユーザーに浸透している。

 

 

これからますます日本はキャッシュレスの波が来そうですね!6月までは消費者還元事業で5%のキャッシュバンクもあるので、その波に乗り遅れないようキャッシュレスの導入を考えている人は早めに導入をお勧めします!

 

 

Follow me!