電子決済の勉強会に向けて絶賛資料作成中

今月から月1回(基本第4水曜日AM)旬な話題を提供する「月イチ勉強」を開催することにしまして、今月のテーマは電子決済とオンラインでの活用ということで絶賛資料作成中な私。

埼玉を拠点に、『ママでも好きをカタチに!』長く続ける仕事にシフトするPlusMEコミュニティを主宰している いちくらいくえです。

 

電子決済を導入する理由は・・・

最近電子決済の話題が新聞でもよく掲載されていますね。経済産業省が進めていたキャッシュレス・ポイント還元事業も今月末で終了するので次のキャッシュレス推進策は何になるんだろうと個人的に気になるところでもあります。

今回このテーマにしたのは、コロナの影響もあり外出自粛などに伴ってオンラインの需要が高まっていることを受け、オンラインだと直接の現金でもやり取りもできなくなるので、基本的に振込もしくは電子決済となることでの導入・活用講座。

電子決済はすでに導入されている方も多いのですが、基本的にどうしてこの電子決済にしたのかという理由は意外と不明確。例えば「同業者が入れていたから」、「勧誘の人が来たから」、「友達がいいといっていたから」、「だたなんとなく」といったところでしょうか。

 

電子決済はこれから更に需要が高まる?

銀行系、コンビニ系、交通系と様々な企業が電子決済に参加する中、これからベンチャー系やIT系など更に多くの起業がこの市場に入ってくることでしょう。その時に、「いいと言われて」、「ただなんとなく」、で加入することはとても危険!お会計をするテーブルやデスクには多数のQRコードや端末が並ぶことになるかも!

電子決済を取り入れるうえで大切なのは、自分の活動に合わせた形態と会社を選ぶこと。電子決済といってもクレジットカード、QRコード、カート式など様々。うまく活用すれば現金を持つリスクを回避できたり、資金繰りなどにも利用できたり利点も多くあります。

まずはきちんと電子決済について知識を得て、自分の活動に合わせたものを選ぶことがカギなのです。

Follow me!